取り扱っていることの多い、調査内容

探偵の扱う調査には、TOPページでも記載している通り、いくつかの調査内容に分けることができます。
調査を依頼する場合には、どれが自分の依頼する内容に当てはまる調査なのかや調査を行うことで分かることはどんなことなのか
その利用する方法など、探偵へ依頼する前に知っておきたいことは結構多くあるのです。
知らないとかならず損をする。というわけでもありませんが、やはり浮気調査や人探し調査では、状況によっては時間がかかるものもあることを知っておく必要があります。
浮気調査:探偵の調査では、最も依頼件数が多く、探偵の代名詞と言っても過言でないのが浮気調査でしょう。
行動調査(素行調査):このどちらかの呼び名が使われていますが、調査では対象者の行動や生活パターンなどを
尾行や張り込みで調査を行います。対象者を尾行するなどして、「いつ・どこに行き・何をしたか」といった情報を取集し、普段の行動を調査します。
人探し調査:行方が分からなくなった家族や知人を警察以外でも捜索したいときに探偵へ依頼するケースと、
元恋人や恩師の会いたくて、人探し調査を依頼する人がいます。
企業信用調査:企業内で社員が不正を行っていないかの調査を行ったり、転職など、求人応募者の履歴書記載内容に偽りがないかを調査する。
企業経営には、様々なリスクが伴いますが、大事なポイントは「信用リスク」です。与信管理に関しては、しっかりした知識を身につけておくことが求められます。